はじめに

株式会社Chattinessの独自トークン「CHATTY(CHT)」とはどんな仮想通貨なのか?などを解説していきます。

CHATTYコインは、株式会社Chattinessという企業が提供する「Chattinessオンラインショップ」での決済方法に使用するために作られた独自トークンです。

そして株式会社Chattinessは、Chattinessオンラインショップで商品を購入する際の決済方法をCHATTYコインのみという、これからの時代に先駆けするような形を取り入れることにより、販売商品の価格を市場平均価格より安価な価格での提供が実現しています。

仮想通貨の取引に関しましては、、2018年1月に分散型取引所「EtherDelta(イーサデルタ)」、2018年4月に海外の仮想通貨取引所「Bell Wood」に上場しています。

現在はEthereum(イーサリアム)との相互交換のみ可能となっていますが、後々はBTCとの相互交換も可能になるとのことです。

また、仮想通貨CHATTY専用のウォレット(お財布)「CHATTYWALLET」もリリースしており、使い方を間違わなければ誰でも安全に管理または取り扱いがある国内外の仮想通過取引所に送信することが出来るようになっています。

既に仮想通貨の取引をしている方はもちろんですが、「これから仮想通貨の取引を始める方」の初めて保有する仮想通貨としては最適なのではないでしょうか?

そのような事からこの記事をきっかけに、これからの時代の先駆けとなる仮想通貨CHATTYコインに興味を持って頂ければと思います^^

通貨名 CHATTY
通貨略号 CHT
公開日
発行枚数(上限枚数) 30億枚(配布分の上限は15億枚)
取り扱い取引所 EtherDelta、Bell Wood
公式サイト Chattiness公式サイト
ホワイトペーパー(PDF版) Chattinessホワイトペーパー

 

CHATTYコインは他の仮想通貨と何が違うの?

CHATTYコインと他の各仮想通貨の大きな違いは、既にChattinessオンラインショップの決済方法として使われている所です。

他の各仮想通貨もこれから先その使用目的に合わせて使われていくと思われますが、現在はほとんどの仮想通貨がトレード(売買)メインになっていることは言うまでもありません。

そして今流行のICOは企業の資金調達目的がほとんどですから、実際に使われるようになるのに長いものであれば数年必要になる仮想通貨もあるでしょうし、使う前に消えていくケースもあるでしょう。

その点、CHATTYコインに関してはトレード(売買)がメインではなく、既に決済方法として実際に使われていることから、安心して投資・投機できる仮想通貨であることは明確です。

CHATTYコインでブランド品が安く買える!?

上記でも少し書きましたが、CHATTYコインを保有していればChattinessオンラインショップでブランド品を市場平均価格より安く買えるのは事実で、ブランド品購入を目的でCHATTYコインを買う方が、これからChattinessのコンテンツ、サービスの向上と共に増えてくることは間違いないでしょう。

これからCHATTYコインの売買が頻繁に行われるようになると、仮想通貨CHATTYの価格が高騰すると思われますので、オンラインショップでの商品の販売価格が多少の価格変動はあると思います。

ただ、それも気にならないぐらいお得にブランド品を購入できますので、CHATTYコインを保有する前に一度Chattinessオンラインショップを見てみましょう。

CHATTYコインは今が買うチャンス?

もちろんCHATTYコインを買うなら今がチャンスです!

その理由として、これから先Chattinessオンラインショップが世の中に広まっていくことで、お得にブランド品などの商品を購入するためにCHATTYコインの売買が活発化することは間違いありません。

また、CHATTYコインの売買が活発化するということは自然とCHATTYコインの時価総額も大きくなるということですし、時価総額は仮想通貨の「信頼度・注目度」を決める判断基準の1つですから、CHATTYコインの時価総額が大きくなることにより世界の投資家達が売買に参加してくるでしょう。

そのことを踏まえて市場価格が高騰する前にCHATTYコインを保有するということが、「CHATTYコインは今が買うチャンス?」の答えになります。


投機・投資に「絶対」という言葉はないのは当たり前ですが、既にCHATTYコインを買っている方はこれから先益々楽しみですね。

そして、まだ買ってない方はこの機会に是非買ってみてください^^


☆このSTEP通り進めてください^^☆


 

インジケータプレゼント
提供は Investing.com

Twitterでフォローしよう!!

おすすめの関連記事