CHATTYWALLETお財布の作り方

これから絶対にくる仮想通貨CHATTY。

既に、分散型取引所「EtherDelta(イーサデルタ)」や海外取引所「Bell Wood」に上場していて、これからの将来性を考え保有している人も少なからずいるのではないでしょうか。

しかし、取引所と言えばハッキングや破綻など過去の事件がありますから、取引所に長期間保管するのは危ないと感じている人が大多数だと思います。

そこで専用ウォレットで保管するのが得策ということで、仮想通貨CHATTY専用「CHATTYWALLET」の作り方、使い方を解説します。

またこの「CHATTYWALLET」はスマホからでもお財布を開くことができ凄く便利です^^

初めての方でも簡単に作れますし特別難しい手順もありませんので、この記事を見ながら早速作ってみましょう。

お財布の作成方法

ここからのCHATTYWALLETの作り方は手順としてはパスワードを決めて入力すだけなので誰でも簡単に作れます。

それでは実際に作っていきますので、CHATTYWALLETにアクセスしてください。

公式CHATTYWALLETはコチラ

 

~パスワードの入力~

①.設定したいパスワードを入力
⇒9文字以上の入力ですが、おススメは英数記号を入れた32文字以上です。

②.「お財布の作成」をクリック

「お財布の作成」をクリックすると「Keystoreファイル(UTC/JSON・推奨・暗号化)」のダウンロードページが表示されますので、「Keystoreファイル(UTC/JSON・推奨・暗号化)」をダウンロードしてください。

パスワード/Keystoreファイル」はWALLET(お財布)を開く時に必ず必要になりますので、紛失しないように大切に保管してください。

 

~Keystoreファイル(UTC/JSON・推奨・暗号化)のダウンロード~


①.「ダウンロードKeystoreファイル(UTC/JSON・推奨・暗号化)」をクリック
⇒ダウンロード後は大切に保管します。

②.「理解できまし。続けます。」をクリック

「理解できました。続けます。」をクリックすると、秘密鍵が表示されているページに切り替わります。

~秘密鍵を保存~

①.秘密鍵をコピーしてメモ、ノートなどに保管

②.秘密鍵、アドレスを印刷する場合は「お財布情報を紙で印刷」をクリック
⇒印刷できる場合は必ず印刷して保管しておきましょう。(おススメ)

こちらの秘密鍵もWALLET(お財布)を開く時に使用しますので、大切に保管しましょう。

 

~注意しておきたいこと~

「パスワード/Keystoreファイル/秘密鍵」この3つが漏洩した場合、WALLET内にある通貨が盗難にあう恐れがあります。「パスワード/Keystoreファイル/秘密鍵」の保管には十分注意してください。

また、「パスワード/Keystoreファイル/秘密鍵」が紛失すると、WALLET内の通貨を取り出せなくなってしまいますので紛失にも気をつけましょう。

と、この2点から上記の通り紙に印刷して保管する事をおススメします。

これで「CHATTYWALLET」お財布の作成は完了しました。

次に、お財布の使い方、CHATTYコイン(CHT)またはイーサリアム(ETH)の送信方法について覚えていきましょう。

お財布の使い方

それでは先ほど作成した「CHATTYWALLET」お財布を開いてみましょう。

~お財布の開き方~

①.上のメニュー中の「お財布の残高を見る」をクリック

②.「秘密鍵をペースト/タイプ」または「Keystore/JSON File」どちらかを選択します。(上記画像では「Keystore/JSON File」を選択しています。)

~「Keystore/JSON File」の場合~

お財布作成時にダウンロードした「Keystoreファイル」を点線の内側にドラッグする。(上記画像参考)

~「秘密鍵をペースト/タイプ」の場合~

こちらもお財布作成時に保存した秘密鍵をペーストする。

③.パスワードを入力後に「開く」をクリック

この手順でお財布が開きます。

エラーが出る場合はパスワードまたはKeystoreファイルのドラッグ、秘密鍵のペーストを最初からもう一度やり直しましょう。

~お財布のアドレスについて、各箇所の見方~

無事にお財布を開くことが出来れば、自分のアドレスやコインの残高が見れるページが表示されます。
①.自分のアドレス(アカウントアドレス)
⇒国内外の仮想通貨取引所などからCHATTYコイン(CHT)、イーサリアム(ETH)を「CHATTYWALLET」に送信する時に使用します。

取引所などで自分のアドレスを入力する際、「入力間違いや」「コピーする時にアドレスの前後に空白が出来ていないか」など細心の注意を払って入力しましょう。

アドレスを間違うとコインが紛失してしまいます。必ず見直しを!

②.「CHATTYWALLET」に保管しているCHATTYコイン(CHT)、イーサリアム(ETH)の残高が表示されています。

③.秘密鍵の再確認や、まだお財布情報を紙に印刷していない方はこちらから出来ます。

CHATTYコイン(CHT)・イーサリアム(ETH)の送信方法

こちらでは「CHATTYWALLET」に保管しているCHATTYコイン・イーサリアムを、取り扱いがある国内外の仮想通貨取引所に送信する方法を解説していきます。

~CHATTYコイン・イーサリアム送信ページの開き方~

①.上のメニュー中の「CHT/ETH送信」をクリック

②.「CHT/ETH送信」の開き方は、お財布の開き方と同じになります。
⇒「秘密鍵をペースト/タイプ」または「Keystore/JSON File」どちらか選択

③.こちらの「MetaMask」ですが、今回は特別使うことはありませんので割愛させていただきます。

~送信ページの入力について~

①.「宛先アドレス」は、送信先である取引所の仮想通貨ごとに専用アドレスがありますので確認して入力しましょう。

仮想通貨ごとの専用アドレスは間違えれば紛失につながりますので、「通貨の確認」「アドレス確認」はしっかり行いましょう!

②.先ず、「CHT」「ETH」どちらか送信したい方を選択します。その後に、ご自身の送信したい数量である値「送信数量」を入力します。

③.最後に送信確認をクリック

送り先の取引所に反映すると、無事に送信完了です。

初めての通貨送信は少ない数量で一度試してみましょう!

取引所に反映されるのに時間がかかる場合があります。



これで「CHATTYWALLET」の解説は終わりです。

どうでしたか?

文章にすると長くなってしまいますが簡単に作れますし、一度使ってみると慣れますので頑張りましょう。

そしてより安全な仮想通貨ライフをお過ごしください^^


Chattinessにも登録しよう

CHATTYWALLET作った後は,その勢いでChattinessにも登録してしまいましょう。

CHATTYコインに関するキャンペーンなどの情報がメールで来ますので、こちらも入力していくだけなのでサクッと終わらせましょう。

Chattinessの登録はコチラ

上記の画像の通り上から空欄を埋めていくだけになりますので、数分で登録も終わります^^

 


☆このSTEP通り進めてください^^☆


インジケータプレゼント
提供は Investing.com

Twitterでフォローしよう!!

おすすめの関連記事