ハイローオーストラリアで
稼働している動画

こちらは、移動平均線とCCIなどの複数ロジックから出来たサインインジケーターを複数通貨で稼働。

バックテストの結果、勝率の高かった3分判定エントリーを定額ベットで回し続けている状態です。

調子の悪い相場もありますが、この後も安定した利益が出続けていました。

こちらは、ボリンジャーバンド系インジケーターで複数通貨同時に稼働。

エントリー回数も多く、調子の良い相場では少ないベットでもガンガン残高も増えていっていますね!

トレード部屋でもサインインジケーターの無料配布など行っておりますが、外部で購入いただいた有料サインインジケーターも基本的には適用可能です。

 

あなたがお持ちの長期的に利益の出そうなサインインジケーターを自動売買化することができます!

 

Automatorは
こんなあなたにピッタリ!

 

☑ サインツールに従ってずっとチャートを見ているのは疲れる

☑ 24時間エントリーできるわけではないので勝率がブレる

☑ 代わりに機会がサインに従ってエントリーしてくれたら楽なのに…

☑ 自分の持っているサインインジケーターを簡単に自動化したい!

 

上記のような悩みを持っていた方の解決策となるシステムをこの度ご提供いたします!

 

その名も、

AUTOMATOR

 

サインインジケーターを
ハイローオーストラリアで
簡単自動売買化

 

AUTOMATORで可能になることは

1お持ちのサインツールを簡単にハイローオーストラリアで自動売買化が可能

2難しい操作は必要なく、使用したいサインインジケーターとAUTOMATORをチャートに入れるだけ!

3ライセンスなどはないので、一度購入いただければ永久的に使用可能

4いつ、何回でも使用するサインインジケーターを自由に取り替えることが可能

5ハイローオーストラリアの仕様変更時には無料アップデート

6お持ちのサインツールに合わせたカスタマイズも対応可能

7複数通貨ペアでサインがなっても対応可能

 

上記のようなことになります。

 

今までインジケーターを使用していて、

「自動化できたらどんなに楽か!」

と思われた方も多いのではないでしょうか?

 

その悩みをAUTOMATORが解決いたします。

 

AUTOMATORでは複雑なシステムを利用することなく、みなさんが普段から使い慣れている

「インジケーター」

として自動売買化システムを制作することに成功いたしました。

 

他のインジケーターを入れるようにAUTOMATORをチャートに入れ、パラメーター設定をお好みの設定に変更いただくだけでお好きなサインインジケーターが自動売買化できてしまいます。

 

下記が実際のシステムの動作イメージになります。

あまりにも簡単なので、一度使用するともう辞められなくなるでしょう!

 

では、AUTOMATORの具体的な仕様説明に入りましょう!

 

AUTOMATORの機能説明

こちらの説明動画が現在最新の設定方法となりますので、機能面など必ずご確認の上お申込みください。

※重要
この時、ハイローの注文画面の箇所を「ワンクリック注文」に変更をお願い致します。
ワンクリック注文になっていないとエントリーが正しくされません。

 

1.使用したいサインインジケーター

2.AUTOMATOR

を導入するだけ!

 

フォルダの保存パス

こちらに先ほどコピーしておいたパスを貼り付けてください

 

口座

デモかリアル口座を選べますが、まずは動作確認で必ずデモ口座でのご確認をお願いいたします。

 

ログインID/ログインパスワード

[リアル口座の場合のみ]ログインIDとログインパスワードの箇所にハイローオーストラリアのログイン情報を入れてください。

 

システムが動き出す秒数

リアルタイムでティックごとにサインが出たり消えたりするものの場合は、何秒時点でサインが出ていたらエントリーをさせるかの指定ができます。

エントリーまでの時間はサインが出た瞬間から平均3秒ほどはかかるため、それを見越した設定秒数がいいかと思います。

ただし、あまりにも早くしすぎると、エントリーした後にサインが消えてしまって、データと異なってしまう場合もあるのでご注意ください。

※サインが確定足で出るものに関してはこちらの設定は関係ありません。

 

エントリー金額[1回目]

エントリーする金額を自由に決めていただけます。

 

マーチン回数

サインツールでマーチンサインが発生するものに関しては、こちらで何回までマーチンを適用するかを決められます。

仮にサインツールではマーチンサインが出たとしても、AUTOMATORの方は「0」にしておくとマーチンは検知しません。

※ただし、通常サインとマーチンサインの矢印の種類が同じ場合たまに誤エントリーの原因になります。

 

マーチン金額[1回目]

マーチンを1以上にした場合の1回目のマーチン金額の設定です。マーチンが0の場合はこちらの金額は認識されません。

 

マーチン金額[2回目]

マーチンを2以上にした場合の2回目のマーチン金額の設定です。マーチンが0または1の場合はこちらの金額は認識されません。

 

エントリーモード

ハイローオーストラリアでのエントリーモードを「HIGHLOW」か「Turbo」かを選択します。

※2019/12/10「HighLowスプレッド」と「Turboスプレッド」にも対応しました。

 

判定時間

それぞれのモードにあわせて、どの判定時間でエントリーさせるかを指定します。

「Turbo30秒」「Turbo1分」「Turbo3分」「Turbo5分」「HighLow5分」「HighLow10分」「HighLow15分」「HighLow1時間」「HighLow1日」対応。

 

MT4と日本時間の時間差

日本時間との差という項目は夏時間、冬時間によって変わります。夏時間であれば「6」、冬時間であれば「7」を入力してください。

 

インジケーター名

ここに、使用したいサインインジケーターの名前を「全く同じ名前で」入力してください。1文字でも異なると正常に機能性ませんのでご注意ください。

 

サインウィンドウ番号

そのサインインジケーターはメインウィンドウに入るものなのか、サブウィンドウに入るものなのかを指定します。メインウィンドウの場合は0、サブウィンドウの場合は1〜、何番目のサブウィンドウなのかの番号を入力してください。

 

サイン番号1

使用したいサインインジケーターのプロパティを見ていただき、そこの「色の設定」タブを開きます。

そこで色が変更できる番号のサインのみ、自動売買化させることが可能です。希望の矢印やサインがここにない場合は自動化ができませんのでご注意ください。

まずは、マーチンではない通常サインの「上サイン」をサイン1に指定します。

ここに入力する数字は、色の設定タブでその希望サインの色の左に書いてある#の番号になります。その数字のみを入力してください。

 

サインタイミング1

サインの出るタイミングが、リアルタイムで出るものなのか、足の確定時に出るものなのかを指定します。ここを間違うとうまく機能しませんのでお気をつけください。

 

オブジェクトエントリーON/OFF

オブジェクトタイプのサインインジケーターを使用する際にはここをtrueにしておく必要があります。

通常のサインインジケーターを使用する際にはここは必ずfalseにしておきましょう。

 

上向きオブジェクトサイン名

オブジェクトサインの名称に共通する名称をここに入力しておきます。

上向きサインとは、ローソク足の下に表示されるサインです。

例「obj55」「obj56」のようになっていれば「obj」のみを入力。

※専用動画でも説明があります。下向きオブジェクトサイン名も同様。

 

サインタイミング1

オブジェクトサインエントリーにおけるサインタイミングを選択できます。

通常と同様に「リアルタイム」と「確定足」を選択可能です。

サインタイミング2のほうもサインタイミング1と同じようになるように事前に設定しておく必要があります。

 

上記の設定を各項目のサイン番号[   ]と書かれたカッコの中のサインに対して設定します。

マーチンサインはマーチン使用時のみ変更いただければ大丈夫です。特にマーチンを使用しない場合はそのままで問題ありません。

また、もしサイン番号が同じものを使用しているインジケーターの場合も同じサイン番号を入れていただければ問題ありません。

サインが出る位置を取得して自動的にHigh、Lowの認識を行います。

 

指定時間除外適用

特定の時間に自動売買を停止させたい場合にこちらをtrueにします。

※現状では複数時間に対しての停止機能はありません。〇〇時〜〇〇時という設定になります。

 

除外開始時間

停止させたい時間の始まりを指定します。

 

除外終了時間

停止をストップさせたい時間を指定します。

 

通貨ペアごとに制限がかけられます。

PCがついている間は指定サインの出現に合わせて、システムが勝手にエントリーを行ってくれます。

 

夢の不労ライフを

AUTOMATORで手に入れませんか?

Let's 自動売買ライフ!

 

購入者限定特典!
高勝率サインツール「Skyhook」を無料プレゼント!

 

AUTOMATORをご購入していただいた方への限定特典として、単発年間勝率61.1%、年間収支500%越え(資金の5%Bet時)の期待値を誇るサインツール

高勝率サインツール「Skyhook」

を無料でプレゼント!

 

AUTOMATORに興味はあるけども勝率のいいサインツールを持っていないからどうしよう・・

という方でも

AUTOMATORをご購入すれば、無料でサインツールもゲットできるため今使っているサインツールがないという方でもご安心ください!

 

AUTOMATORを使ってSkyhookを自動売買化した場合、直近1年間の勝率は61.1%、仮に5万円Betをしていたとしたら

+584万円

の利益が出る計算になります。

 

そんな高勝率インジケーター「Skyhook」をAUTOMATOR購入の方には無料でプレゼント!

 

AUTOMATORv4の料金
【無料体験版アリ】

 

これだけの機能を持ったシステムの永久ライセンスを10万円を切る価格で限定販売することにしました!

今までの苦労からの解放を考えると、決して高くないかと思っております。

 

通常¥129,800円(税込価格142780円)

2021年10月31日まで
¥89,000円(税込価格97,900円)

 

Chrome版自動売買システム「Evomator」はこちら

 

より安価でより多くの人のお手にとっていただくことで、様々なご意見を頂戴できたらと思ってこの価格にしています。

※予告なく値上げを行いますのでご了承ください。

 

購入後のアップデートも全て無料です。今後永久的にどんなインジケーターでも自動化が可能になります!

 

AUTOMATORはご購入者様と一緒に成長していきたいと思っております。

是非、たくさんの方にお使いいただけることを心より願っております。

 

ご質問はLINEより受け付けております。

友だち追加

お申込み後原則24時間以内にご決済情報をご返信しております。

よくある質問集

機能について

IE起動ボタンを押しても何も反応しないです。
「DLLにチェックが入っているか」と「フォルダの保存パスが正しいか」を確認して下さい。
また、デフォルトブラウザ設定がインターネットエクスプローラーになっていない可能性があります。
サインが出ても反応がないのはなぜですか?
AUTOMATORのサイン番号設定に、適用するインジケーターのサイン番号が設定されていない可能性があります。
また、サイン検知秒設定が正しく行われていない場合もございますので、調整いただければと思います。
適用させるインジケーターの勝率表示がなぜか消えてしまうのですが。
AUTOMATORでも画面上に適用インジケーターの情報など、文字を表示させる機能があるため、インジケーター同士の表示機能の干渉により、うまく表示されなくなってしまうことがあります。
ハイローオーストラリアのサイトに変更があった場合、AUTOMATORは使用できなくなりますか?
AUTOMATORを購入いただいた方には、専用グループにて最新版のAUTOMATORのダウンロードを行えるようにさせていただいております。
ハイローオーストラリアのサイト変更によりAUTOMATORがうまく動作しなくなった場合には、その都度修正版を提供させていただきます。
サインインジケーターでもAUTOMATORで使用できないものはありますか?
プログラムの問題で検知できないインジケーターは存在します。
ほとんどのサインインジケーターでは適用可能ですが、一部そのような事例もございますので、不安な方は一度お試し版AUTOMATORで稼働するかどうか確認いただければと思います。
AUTOMATORは何分足で対応できるシステムですか?
現在は「1分足」と「5分足」での使用が可能です。

 

通常¥129,800円(税込価格142780円)

2021年10月31日まで
¥89,000円(税込価格97,900円)

ハイロー自動売買Automator
バージョンアップ情報

※2019/10/21 

オブジェクトタイプのサインインジケーターにも対応!

今まで適用できなかったオブジェクトタイプのサインインジケーターもAUTOMATORでの適用が可能になりました。

オブジェクトサインに対応している自動売買システムは少ないので、高勝率のオブジェクトサインインジケーターをお持ちの方もぜひお試しください!

※2019/12/10 

約定キャンセル時に自動再エントリー対応!

同じサイン番号でも上下マーチン設定対応!

約定キャンセルとなった場合には「サインが出ているのにエントリー出来ていない!」という事がありましたが、

そんな状況にも対応できるように約定キャンセル時の自動再エントリー機能を追加しました。

※2020/1/10 

エントリー除外時間設定を2か所まで対応

日をまたぐ設定でも柔軟な時間指定が可能です。

※2020/4/9 

時間毎エントリーフィルター機能追加

チャート画面右上にパネルを表示させ、クリックした時間でのエントリーを行わないように簡単設定が行えます。

指標回避や勝率の悪い時間帯をクリックしておくことで勝率アップが期待できます。

1か所だけではなく複数の時間帯を同時に停止することが出来る仕様です。

※2020/6/18

IE自動再起動機能追加

PCによっては長時間IEを起動しているとページの応答がなくなってしまったり、クラッシュしたりなどという事例がありましたので、自動でIEを再起動する機能を追加しました。

例えば2時間ごとの再起動設定とした場合、「2,4,6,8,10,12,14,16,18,20,22,24」時での再起動が行われます。

3時間ごとの再起動設定であれば「3,6,9,12,15,18,21,24」時での再起動ということになります。

注意事項

 

※こちらのシステムはWindows限定となります。

※ブラウザにIE(InternetExplorer)を使用しますので、IEをデフォルトブラウザに設定してください。

※ご使用の際は必ずでもモードでお確かめください。

ハイローの注文画面の箇所を「ワンクリック注文」に変更をお願い致します。
ワンクリック注文になっていないとエントリーが正しくされません。

※当システムを利用して生じたいかなる結果に関しても責任は終えませんのでご了承ください。

※当システムで使用するインジケーターのパラメーターはデフォルト設定のみになります。
もしサインインジケーターの数値を変更したい場合はご自身で調整いただくことになります。

<ご自身で調整いただく場合>

サインインジケーターファイルの種類が「〜〜〜.mq4」となっていれば、ご自身でデフォルト数値の変更が可能です。

1.MT4のツールバーから「メタエディター」を開きます。

2.メタエディターの中のナビゲーションを開き、そのリストの中から使用したい

インジケーター名を探し、見つかったらダブルクリックします。

3.そのインジケーターファイルの中の

「extern 〇〇」

となっている箇所を探します。

そこがパラメーターのデフォルト値の設定になりますので、該当箇所をお好みのデフォルト値に設定してください。

4.最後に変更したらツールバーの中の「Compile」というボタンを押します。

これで、デフォルト値が変更されて保存ができました。

[インジケーターファイルの形式が「〜〜〜.ex4」の場合]

この場合は上記手順ではできませんので、弊社あてにご連絡ください。

有料にはなりますが、貴方専用の物にファイルを書き換えてシステムをお送りいたします。

その際、お持ちの「〜〜〜.ex4」形式のインジケーターもお送りください。

個別修正費用は11,000円(税込)〜(内容により変更)となります。

 

インジケータプレゼント
インジケーター無料配布