FXとバイナリーオプションで両建て手法が通用しない5つの理由とは?

 

FXでもバイナリーオプションでも両建て手法が成り立つと思っていませんか?

マーチンゲール手法と同じくらい両建て手法も信じている人が多いです。

両建てとは何?

 

特定通貨ペアで、「買い」と「売り」のポジションを両方持つ行為のこと。

基本的には「損切りを必要としない」と言われている方法で、皆が使いたくなるような方法である。(しかしながら、プロの方は両建てをしても利確と損切りをしっかり行っている。)

どちらのポジションも持つことにより、相場が上昇時、下降時のどちらの相場になったとしても利益を出すことができる。

そして、両方のポジションを持つことにより意図した方向に相場が動かなくても損失が拡大しない(リスクヘッジになる)という使われ方になる。

良い賭け方としては、強いトレンドが出ている時に両建てし、トレンド方向に相場が進んだときに片方のポジションだけを残し、利幅を伸ばす方法が固いとされている。

例えば、下降トレンドのときに戻し目になるところでドル円を110円で買い、同時に110円で売るポジションの2つを作る。

そして、戻し目から相場が下降してきたときにドル円での110円で勝ったポジションを損切りして、110円で売ったポジションだけを残して利幅を伸ばしていく。

一般的にはリスクヘッジで両建ては使われているが、意外とリスキーでもある。

よって、両建てだけでは勝ち続けることはできないのである。

さらに、FX業者の注意書きにこういうことも書かれている。

「両建てはスワップポイントの売り買いの差、スプレッド等のコストがお客様にとって不利になりますので、当社では両建てを推奨いたしておりません。」

ここからも両建てがリスキーであることがうかがえます。

そして、両建てがうまくいきにくい理由が以下。

両建てがうまくいきにくい理由①スプレッドの手数料がかかる

 

エントリー時に2倍のスプレッド分の手数料がかかる。

「買い」と「売り」の両方で2つのポジションを取っているので、1つのポジションを取っている時の2倍のスプレッド分の手数料がかかってしまう。

初心者ほど、FX業者に手数料だけを毎回支払うだけになってしまう状態に陥る可能性も高い。

よって、負担が大きくなるので利確損切りの技術が求められる。

両建てがうまくいきにくい理由②損切り

 

損切りをしないがために、一度でもミスしてしまうと多額の負債を追ってしまうことになる。

初心者の方で「損切りしなくても良い」と考えているところに問題がある。

安易に両建てに手を出してしまうと、ポジションのほとんどが含み損を抱えてしまい、自分の資産を一気に溶かしてしまう危険性を秘めている。

両建てがうまくいきにくい理由③利益が大きくならない

 

利益率が大きく下がる。

リスクヘッジとして、「買い」と「売り」の両方にポジションを持ち、どちらかのポジションで利益を得ることはできるが、もう片方のポジションでは損失を抱えることになるので、

最終的な利益=片方のポジションでの利益-もう片方のポジションでの損失

になるので、利益率は大きくならない。

さらに、そこに理由②のような問題が発生した場合は、一気に終わってしまうので、短期的に見れば多少の利益は出しやすいが、長期的に見ると確率は低いが長期的な分危険度は上がる。

両建てがうまくいきにくい理由④メンタル

 

メンタルに多大な負荷がかかる。

実際のトレードで両建てすると、どのような心理的変化が起きるかを考えてみましょう。

仮に、両建てが戦略通りで含み益を一時的に得ることができるのであれば問題はありません。

しかし、損切りしたくないからといって含み損のポジションを両建てしたとき、メンタルが徐々に崩れていく可能性が高い。

なぜなら、「買いと売りのポジションを早くなんとかしなければ!」という焦りから、ポジションを持っていることでかなりのストレスになるから。

そのストレスは両建てのポジションのホールド期間が長ければ長いほど強くなる。

両建てがうまくいきにくい理由⑤口座凍結の恐れ

 

バイナリーオプションの場合、口座凍結になる可能性が高い。

バイナリーオプションでも両建ては可能である。

値動きに注目し、パターンを見付けていけば利益を出すことは可能(短期取引の場合)であるが、

利益を継続的に出せたとしても、バイナリーオプションの業者が両建てで利益を出し続けている者に対し、監視の目を光らせ、最終的に口座凍結させられる可能性が非常に高いので、仮にうまくいってもバイナリーオプションの業者が黙ってはいないのである。

どうすればFXとバイナリーで勝てるのか?

 

両建てによるリスクヘッジは、初心者の方には意外とリスクヘッジにならない。

両建てで成功しているプロトレーダーは全体の相場観+細かい相場を見ていくスキルがある。

つまり、両建てして楽に勝とうとせず、
相場と向き合っていかなければならない。

結局のところ相場についての基礎を勉強しなければならないのである。

それも、小手先のロジックよりはまず相場の学習から入らなければならない!

相場の学習でやっておくべきことは、
全体の相場把握で役に立つ
移動平均線の理解

相場を詳しく読むのに必要不可欠なダウ理論を完璧に理解することなどが、投資をやり始める際にまず勉強しておくべき内容になる!

インジケータプレゼント
提供は Investing.com

Twitterでフォローしよう!!

おすすめの関連記事