MACD(通称マックディー)とは、2本の移動平均線を用いた手法でダマシも少ないため人気の手法です。

普通の移動平均線と違う点は、「現在に近いほどデータに価値を置き、古ければ古いほど価値がなくなる」という考えが付け加わっているということです。

そのため、通常の移動平均線よりも信憑性が高く、移動平均線の進化バージョンとも呼ばれるテクニカル分析方法です。

 

MACDは、トレンドの方向性を判別するのに優秀なものであり、ぜひ覚えておくことをオススメします!

はじめてMACDを聞いたという方も、いろいろな考え方を持つために知っておくと便利です。

この記事では、MACDのバイナリーオプションでの応用や、MACDのインジケーターについての紹介を詳しく載せています。

 

MACDを用いたインジケーターを探しているという方や、手法を試したいがなかなか踏み出せないという方にも向けて、

こちらの記事の終わりの方で無料ダウンロード方法もありますので、ぜひ欲しいという方は読み進めていただければと思いますm(__)m

MACDの使い方と活用法とは?

MACD取引手法では、「MACDライン」と「シグナルライン」を主に使用します。

ゼロライン(中心ライン)より下の範囲内で「MACDライン」と「シグナルライン」がクロス(ゴールデンクロス)した時、買いポジションといえます。

逆にゼロラインよりも上でクロス(デッドクロス)している場合は、売りポジションといえます。

 

しかし、上の画像をみていただくとわかるのですが、上でクロスした箇所に注目するとクロスする角度・幅がとても浅いです。

そういった際にはあまり信憑性が高くないクロスになりますので注意が必要です!

見ての通りですが、下降トレンドにすぐ切り替わらずにもたついてしまっています。

クロス箇所はしっかりと角度のあるクロスである方が信憑性も高くなります。

 

それに加えて、トレンドの発生時には有効な手法ですが、レンジの発生時には向かない手法でもあります。

レンジ発生のように、相場に勢いがあまりない時にクロスポイントがあっても、あまり当てにならないことが多いのです。

そのため、MACD手法を使用する際には、ある程度はっきりとしたトレンドが出来ていることを確認しましょう!

 

ゼロラインを基準にエントリー方向を見極めていますが、このほかにも「ゼロラインからチャートがどれくらい離れているか」も気にすると良いでしょう。

あまりゼロラインから離れていない場合、反発する力も弱いので予想外の結果になってしまうことがあります。

逆にゼロラインから離れているということは、反発する力も強いという見方ができ、逆方向に進む可能性も高いということになるのです。

 

FXによく使用される手法でもありますが、FXの手法もバイナリーに応用することは大事なことです。

なぜならバイナリーオプションで目にしているチャート相場は、FX取引などに関係して動いているからです。

バイナリーオプションだけの考えを踏襲した考え方よりも、FXの考え方を取り入れることも今後意識してみると見えてくるものがあると思います。

 

今回はバイナリーオプション用の手法としての紹介ですが、注意点もしっかりと把握していれば、勝率はなかり高めることが出来ると思います。

考え方によっては、ほかの手法と組み合わせたり、アレンジもしやすい手法ですので思いついたら試してみましょう!

MACD自動ラインが引かれるインジケーターの機能は?

今回独自開発したインジケーターの機能ですが、いたってシンプルな機能です。

上画像は実際にチャートにインジケーターを適用したものになります。

ゼロラインを上・下に超えて、クロスしているポイントがありますが、画像内では下のほうにしか矢印が出ていません。

これは独自の機能で、「ゼロラインからどれくらいの離れていれば認識するか」を決められるようになっていることによりこの表示となっています。

デフォルトでは、この項目に「30ポイント」の設定が入っているため『30ポイント」に満たなかった上の山では反応しなかったという場面が画像の状態になります。

ここでは、もし「20ポイント」に設定していれば上のクロス箇所でもサインが出ていたということになります。

 

通常、ゼロラインを上か下に超えていて、上に超えている時にクロスがあれば売りエントリー、下に超えている時にクロスがあれば買いエントリーとなりますが、

そのエントリー基準にゼロラインからの距離を加えたことにより、このインジケーターでは出来るだけサインが出た時の勝率を高めています。

「MACDの手法を使ってみたいけど、ゼロラインだけを目安に見ていると勝率が悪い」という声があったので、そのような考えを持っていた方や、

「詳しくわからないので一度MACDを試してみたい」という方にもオススメできるインジケーターです。

 

他にも、単純に「トレンド転換のタイミング」をみるのにも使えるかと思います。

主に短い時間足で見る際にも、クロスのトレンドタイミングが転換のタイミングになりますので応用的な使い方としては、そういった見方も一つの活用法です。

今回も無料での配布なので、ぜひこの機会にGETしてみてください!

パラメータ設定、使用方法

こちらがインジケーターを起動した後の、初期パラメーター状態です。

通常の使用方法では「0ラインから○○ポイント離れてクロス」というところのポイント数を調整することが多いかと思われます。

このパラメーターで設定したポイントが高ければ高いほど、ゼロラインから離れた個所でクロスポイントを検知します。

あまりここを小さくしてしまうと、検知回数もかなり多くなってしまうので注意しましょう。

逆に高くしすぎてしまうと、エントリーできる回数がかなり少なくなってしまったり、極端な場面でのエントリーしかできなくなってしまう可能性もありますので注意が必要です。

 

他には、「Fast EMA Period」、「Slow EMA Period」の設定値も変更いただけます。

これは、MACDの「移動平均線の取得期間日数」の数値に当たります。

デフォルト設定でも問題はないですが、こちらもお好みで調整できますので、思うような結果にならないという場合は調整してみると良いでしょう。

 

色の設定もお好みに合わせて変更いただければと思います。他の設定はデフォルトでOKです!

このインジケーターと他のインジケーターを同時に使用してみるというのもありかもしれませんので、そこはアイディア次第になりますが、自分だけの手法を見つけて勝ち続けるトレーダーを目指してください!

MACD無料インジケーターのダウンロード(受け取り)方法

キャンドルマツTwitterに投稿されているこちらの記事を「いいね」と「リツイート」で無料プレゼント!

「いいね」「リツイート」を行ったあなたのTwitterアカウント名をキャンドルマツLINEに送信。

48時間以内にメッセージにてファイルをGET!

注意点

❶ダウンロードしたインジケータによって起きたいかなる不都合に対しても当方では何ら責任を負いません。
❷プログラム改変等についてのお問い合わせは一切お受けしていません。
❸このインジケーターは素人が個人的に使用する目的で作ったものです。不具合の起きる可能性があることを承知の上、ご利用ください。

以上に同意の上、ご使用ください。

ありがとうございました。

インジケータプレゼント
提供は Investing.com

Twitterでフォローしよう!!

おすすめの関連記事