あなたはバイナリーオプションで逆張りエントリーをする際どんなインジケーターを活用しますか?

 

ボリンジャーバンド、RSI、ストキャスティクスなどのインジケーターを活用し、一時的な買われすぎ、売られすぎを見て逆張りをするのがバイナリーオプションでは主流です。

 

その中でもボリンジャーバンドを活用して逆張りをするという方は非常に多いです。

そのため今回はボリンジャーバンドを活用したサインツールをご紹介しちゃいます!

 

記事の最後にはツールのプレゼントもしておりますので最後までご覧くださいね。

 

バイナリーオプション用ボリンジャーバンドタッチサインツールのインジケータ無料配布!

本日もバイナリーオプション用のインジケーターの無料配布のご案内です!

もちろん全て当社オリジナル制作のインジケーターになっております(^^)

 

本日ご紹介するのは「bolicator」という名のバイナリー用インジ。

 

こちらは、バイナリーオプションで逆張りを仕掛ける時に、よく見られるボリンジャーバンドにロウソク足が当たった時にサインとアラートを出してくれるものです。

そして、それが次足判定で反発して勝ったのか負けたのかが、過去勝率を見て簡単に判断できるものとなっています。

 

具体的に内容を見ていきましょう!

 

「bolicator」はこんな方にオススメのサインインジケーター

 

☑逆張りインジケーターを探している

☑インジケーターの中でボリンジャーバンドが好み

☑ボリンジャーバンドでの反発を1つのエントリー条件にしている
☑プライスアクションとサインインジケーターを組み合わせたい

基本的に普段ボリンジャーバンドを使っているという方にはとてもおすすめのツールとなっています。

ボリンジャーバンド+αでタッチをしたらアラートサインが出て、直近の反発確率を見ることができます。

 

特に直近の相場で指定した偏差のボリンジャーバンドで反発をしているのか?

という反発確率を見ることが大切です。

 

反発率が悪ければ資金が減ってしまうのでプライスアクションなどの根拠をプラスしてあげることで勝率をカバーしたりすることができるのです。

相場は生き物ですので、ボリンジャーバンドで反発することもあれば、ボリンジャーバンドがあまり効かない相場の時もあります。

 

そのため直近の相場の反発状況や反発しやすい通貨ペアなどを探して狙ってエントリーしていくのがポイントです。

 

またボリンジャーバンドにタッチしている時に反発しやすい形と反発しにくい形両方ありますので、矢印でわかりやすくすることで検証もしやすくなるためこちらのインジケーターを活用いただければと思います。

 

ボリンジャーバンドタッチサインツールbollicatorの内容説明

 

こちらがインジケーター挿入後の画面になります。

指定したボリンジャーバンド偏差の間に塗りつぶしが施されています。

 

そして、指定した内側のボリバン偏差をロウソク足の実体が超えた時にサインとアラートが出ます。

あとは、指定判定後に反発したのかしなかったのかが○と◎によって判断できます。

 

○は勝ちで、◎はマーチンを意味しています。

(マーチンは二回まで。あくまでも参考のマーチン表示程度に御考え下さい)

そして、勝率が右上に表示される形となっております!

 

 

こちらはボリバン間のゾーンの塗りつぶしを点線にしたバージョンです。

どちらかお好みの方を設定可能です。

 

ボリンジャーバンドタッチサインツールbollicatorの設定、使用方法

では、次にbollicatorの設定内容を見ていきましょう!

 

こちらがパラメーターでの設定可能内容になります。

順番に見ていきましょう。

 

勝率表示期間

 

勝率計算を行う期間を1日、1週間、1ヶ月の中から選べるようになっています。

お好きな期間を選択してください。

 

勝率ラベル大きさ

 

右上に表示される勝率ラベルの大きさが自由に変えられます。

初期設定は10ですが、見やすいくらいの大きさにしたければ15くらいがおすすめです。

 

サイン停止本数

 

一度サインが出てから連続してサインが出てしまわないように、任意の本数次のサインまでの間隔を空けることができます。

ここで注意があり、マーチンをする場合サインが連続で出た時に勝敗判定がバグってしまいます。

基本的には1度に1ポジションの勝敗判定しかできないため、マーチン1回の場合は停止本数を1以上に、2回の場合は停止本数を2以上にするようにしてください。

 

マーチン回数

 

マーチン回数を設定できます。

最大2回までのため0.1.2のどれかで設定してください。

 

計算方法

 

ボリンジャーバンドのプライス計算の種類を選べます。

適応価格と呼ばれるものですね。

基本はCloseでいいと思いますが普段設定している適応価格があればそちらに合わせてください。

 

ミドルライン期間

 

ボリンジャーバンドの期間を設定できます。

ミドルラインになりますのでミドルラインの期間です。

 

内側偏差

 

ボリンジャーバンドの内側のσ偏差を決めます。

ここの内側の偏差のバンドが、サインの判断に使われる偏差となります。

 

外側偏差

 

ボリンジャーバンド間の塗りつぶしの終わりの幅を決める偏差になります。

 

ゾーン線種類

 

ゾーンの線の種類が選べます。点線か実線となります。

 

ゾーン色

 

ゾーンの色を自由に選べます。もしゾーンの塗りつぶしが不要な方は「None」にしていただければ塗りつぶしはされません。

 

ボリンジャーバンドタッチサインツールbollicatorのまとめ

 

本日はバイナリーオプションでメインで使われる、ボリンジャーバンドでの逆張りのサインツールのご紹介でした。

今のロジックがボリンジャーバンドを使うものだった場合、その反発率を知ることは大事です。

 

実際にボリバンでの反発率はいくつぐらいなのか?

その数字を具体的に判断するためのツールとしてご利用ください。

 

基本的にボリンジャーバンドタッチでの反発はレンジ相場で効果的です。

あなたも実際のチャートで確認してみて必勝パターンを見つけてくださいね。

 

ボリンジャーバンド無料インジケーターのダウンロード方法

 

①無料会員に登録

⇒会員登録フォームはコチラ

②メールアドレスにメールが届く(迷惑メールに入る可能性があるのでご確認ください)

③各インジケーターをダウンロードするパスワードが毎日発行され届きます

④発行されたパスワードを使い
bollicatorを無料でGETする

 

その他のプレゼントツールはコチラ!

↓↓

注意点

❶ダウンロードしたインジケータによって起きたいかなる不都合に対しても当方では何ら責任を負いません。
❷プログラム改変等についてのお問い合わせは一切お受けしていません。
❸このインジケーターは素人が個人的に使用する目的で作ったものです。不具合の起きる可能性があることを承知の上、ご利用ください。

以上に同意の上、ご使用ください。

ありがとうございました。

インジケータプレゼント
提供は Investing.com

Twitterでフォローしよう!!

おすすめの関連記事