こんにちは、トレード部屋です。

自分のノウハウ、手法がどの時間帯で勝率が高いのか、適しているのかを知る必要があります。

あなたがいつまでも勝率が上がらなくてお金を増やせない原因に「為替時間」という要素も含まれます。

為替相場の種類

為替相場には「トレンド相場」「レンジ相場」の2種類あります。

トレンド相場には、上昇トレンド、下降トレンドの2つがあります。

上昇トレンドは相場が上向きに1方向に進み、下降トレンドは相場が下向きに1方向に進みやすい相場となります。

レンジ相場の場合は、上下運動を繰り返し、上下の平均を取るとプラスマイナス0に収まりやすい相場となります。

各国の為替主要時間

  • 欧州時間:16時~24時
  • ニューヨーク時間:21時~翌6時
  • 東京時間:午前9時~16時
  • オセアニア時間:4時~15時

欧州時間は、16時から欧州方面で為替相場に参入する人が増えてくるので、トレンド相場を形成しやすくなります。

ニューヨーク時間は、21時からアメリカ方面で為替相場に参入する人が増えてくるので、トレンド相場を形成しやすくなります。

最もトレンド相場になりやすい時間帯を狙うのであれば、欧州時間とニューヨーク時間がかぶっている時間帯を狙うのが良いです。

それは21時~24時です。

この時間帯は、欧州勢とニューヨーク勢が同時に参加している時間帯なので、取引量が多くなります。

よって、トレンド相場になりやすいのです。

東京時間は、基本的にレンジ相場が多いですが、時と場合によりトレンド相場にもなりやすいので、自分で相場分析して判断するのが良いです。

オセアニア時間は、為替相場に参入してくる人の数が少ないので、取引量が少ないです。

よって、レンジ相場が大半になります。

レンジ相場を狙うのであれば、東京時間とオセアニア時間。特にオセアニア時間を意識すると良いです。

トレンド相場で賭けるときに見るべきポイント

トレードで大事なのは、MTF(マルチタイムフレーム)分析。

MTF分析というのは、簡潔に言うと上位足で相場の方向性を決めて、下位足で細かく見て賭けていく方法。

賭けていくときは基本的にMTF分析が基本となります。

上昇トレンド相場で賭けていく時は、上位足で上昇ダウになっているのを確認して、下位足で細かく見ていきながらhighに賭けていく。

さらに、中期移動平均線や長期移動平均線の傾きが上になっているのを確認するのも重要。

下降トレンド相場で賭けていく時は、上位足で下降ダウになっているのを確認して、下位足で細かく見ていきながらlowに賭けていく。

さらに、中期移動平均線や長期移動平均線野傾きが下になっているのを確認するのも重要。

レンジ相場で賭けるときに見るべきポイント

MTF分析を用いて、上位足から見ていく。

上位足が上下運動している形、つまりロウソク足がミドルバンドに頻繁に出入りして上下運動を繰り返していたり、特定のレジスタンスライン、サポートラインで何回も跳ね返っている形であるところを見つける。

下位足では、下位足の中で何回も反発しているレジスタンスラインではlowに賭け、サポートラインではhighに賭けることになる。

レンジ相場のときに賭けるべき時間帯

レンジ相場で賭けたい人は、世界中で取引量の少ない時間帯と為替相場に参入する人が少ない時間帯を選べば良いです。

それは、東京時間とオセアニア時間です。

オセアニア時間の4時から15時と東京時間の9時から16時はレンジ相場になりやすいです。

もっと絞るならば、東京時間は場合によってはトレンド相場になるときもあるので、オセアニア時間で、なおかつ東京時間とかぶらない4時から9時までの間を狙うと良いでしょう。

そして、レンジ相場で見るべきポイントに注目して賭けていくと良いです。

トレンド相場のときに賭けるべき時間帯

トレンド相場で賭けたい人は、世界中で取引量の多い時間帯と為替相場に参入する人が多い時間帯を選べば良いです。

それは、欧州時間とニューヨーク時間です。

欧州時間の16時から24時とニューヨーク時間の21時から翌6時はトレンド相場になりやすいです。

もっと絞るならば、欧州時間とニューヨーク時間がかぶる21時から24時を狙うと良いでしょう。

そして、トレンド相場で見るべきポイントに注目して賭けていくと良いでしょう。

まとめ

トレンド相場のときは欧州時間とニューヨーク時間に注目し、特に欧州時間とニューヨーク時間がかぶる21時から24時の間を中心に狙っていくと良い。

その際に、highで賭けるのであれば上位足で上昇トレンドになっているのを確認し、下位足では細かく分析して賭けると良い。

lowに賭けるのであれば上位足で下降トレンドになっているのを確認し、下位足では細かく分析して賭けると良い。

レンジ相場のときはオセアニア時間と日本時間に注目し、特に日本時間がかぶらないオセアニア時間の4時から9時までの間を狙うと良い。

その際に、上位足が上下運動している形、つまりロウソク足がミドルバンドに頻繁に出入りして上下運動を繰り返していたり、特定のレジスタンスライン、サポートラインで何回も跳ね返っている形であるところを見つける。

下位足では、下位足の中で何回も反発しているレジスタンスラインではlowに賭け、サポートラインではhighに賭けることになる。

インジケータプレゼント
提供は Investing.com

Twitterでフォローしよう!!

おすすめの関連記事