今回はバイナリーオプション30秒ターボ取引について記事を書きました。

バイナリーオプション30秒取引は短期で決着がつくため、時間が限られているトレーダーの方にはとても人気の取引時間になります。

チャートを見る時間が1日1時間しか見れない場合でも、30秒取引であればさくっと利益を取ることができますし、魅力的です。

そんな30秒取引を攻略する手法について解説をしましたので最後までご覧ください。

バイナリーオプション30秒ターボ取引のメリットとは?

引用:HighLow

バイナリーオプションオプション最大手の業者、ハイローオーストラリアでは5~15分取引のハイローモードと30秒~5分取引のターボモードがあります。

その中で一番最短判定なのが30秒取引です。

 

30秒取引はハイローオーストラリアの中でも最もペイアウト率が高く1.95倍です。

30秒で資金を一気に増やすことができるため、とても人気です。

30秒後に上がるか下がるかを予測するだけなので、必然的に取引回数は多くなりがちです。

そのため高い勝率さえキープすることが出来れば、資金を大きく増やすことが出来ます。

エントリー回数が多く高い勝率を出すことが出来れば、資金が増えるスピードはとても速いのが魅力です。

 

しかし、30秒取引はギャンブル性が強く、資金を溶かしやすいやすいというデメリットもあります。

ただ、上がりそう下がりそうという予想では負けやすいです。

そのため30秒取引で利益を出したければ、明確なルールを決めて取り組む必要があります。

今回はバイナリーオプション30秒取引について解説をしていきますね。

 

バイナリーオプション30秒ターボ取引の攻略方法をご紹介!

 

30秒取引は30秒なりの攻略手法があります。

30秒後に上がったリ下がったリするのを予測すればいいため、大きな流れというよりも直近のプライスアクションなどを重視するのがよいですね。

大きな向きが合っていても30秒後が勝てるわけではありません。

そのため直近のプライスアクションを最重要視することで、30秒取引の勝率を上げることが出来ます。

 

30秒足を活用する

30秒取引をするのでしたら、30秒足チャートを見るのがおすすめです。

しかし、MT4標準では30秒足を見ることが出来ません。

そのため30秒足を見ることが出来る「15SecChartMaker1.1」を活用するのがおすすめです。

 

もしあなたが1分取引をしているのでしたら30秒足を確認することで、エントリーチャンスを増やすことが出来るかもしれません。

 

基本的な戦略としては1分も30秒も同じで急激な買われすぎ売られすぎ、上位足のレジスタンスサポートラインタッチやプライスアクションを見てエントリーをしていくのが一般的です。

 

しかし、30秒取引の場合1分足だけだと少し心配ですので、30秒足も一緒に表示させることで精度を上げることが出来ます。

海外のスキャルピングトレーダーは30秒足を見ている場合が多いですので、30秒足の波形やプライスアクションも実は意識されやすいです。

 

手法としては1分と同じでRSIやストキャスティクスを表示させて、

●買われすぎ売られすぎを見る

●高値圏で反発しやすい形、大陽線坊主大陰線坊主、ピンバーなどを見つけたら逆張りエントリー

●上位足のライン付近ならなお反発しやすい

こんなイメージですね。

 

基本的な考え方は1分取引と変わりません。

 

もし1分取引で利益を出せているのならば、そのまま30秒足で同じことをすれば勝てるはずです。

そのため30秒取引をするのならばまずは30秒足を表示させる。

これは基本ですね。

 

ティックチャートを活用する

 

30秒取引のような短期取引の場合、ティックチャートを活用するのもおすすめです。

ティックチャートはMT4で見ることもできるのですが、おすすめはハイローオーストラリアのチャートを見ることです。

 

引用:HighLow

ハイローオーストラリアのチャートはティックチャートに近いです。

そのため30秒取引をする場合とても大事です。

例えば、写真ですと直近のレンジを下に抜いているため下目線かなとか。

短い期間で結構落ちたから次足反発するかなとか予測ができます

 

このハイローのチャートだけでエントリーするのはよくないですが、

一本のローソク足がどのようにして形成されたかをハイローのチャートでは確認することができるため、意識してみるといいですね。

15分取引などだとローソク足の動きを確認するだけでいいのですが、30秒取引はもっと細かい動きを見なければ負けてしまいます。

そのためローソク足だけでなく、ハイローのティックチャートも確認した方がいいですね。

 

移動平均線+ボリンジャーバンド

 

移動平均線とボリンジャーバンドを組み合わせて逆張りエントリーをする方法もあります。

基本はボリンジャーバンド期間21偏差2のバンドを出して、タッチで逆張りエントリーです。

ただこれだけだと負けてしまうパターンも多いですので、移動平均線でフィルターをかけます。

 

それは移動平均線がパーフェクトオーダーの際は、エントリーをしないということです。

 

今回は期間25・50・100の移動平均線3本を使っていますが、これが下降のパーフェクトオーダーならばハイエントリーはなし、上昇のパーフェクトオーダーならばローエントリーはなしといったイメージです。

一時的な買われすぎ売られすぎを狙った逆張りエントリーですので、30秒取引でも有効な手法になります。

ボリンジャーバンドを活用したサインツールを活用するのもおすすめですね。

バイナリーオプション30秒ノイズエントリーの勝率を上げるための注意点とは?

 

バイナリーオプションの30秒取引の勝率を上げるにはコツがあります。

30秒後という短期的な動きを見るためノイズエントリーとも呼ばれています。

ノイズエントリーを成功させるにはある程度のコツがあります。

 

それは

●レンジ

●時間帯

です。

 

この2つが重要になってきます。

 

ノイズでの逆張りエントリーはレンジ相場であることが大前提です。

トレンドに乗って30秒取引をするのもいいのですが、トレンドに乗るのならば30秒ではなくて5分10分など長めの判定がいいです。

ですので基本はレンジ相場での逆張りになります。

 

そのため確認することは上位足がレンジであるかどうかと、時間帯を気を付けた方がいいです。

詳しく解説していきましょう。

写真はAUDJPYの1分15分足を表示させました。

まず逆張りエントリーをする場合はレンジ相場であることが大前提です。

特に上位足がレンジ相場であることが大切です。

 

下の一分足でレジスタンスサポートラインでエントリーを狙うとしましょう。

その時必ず15分足も一緒に確認しましょう。

15分足の形を見たら赤枠部分は大きく見たらレンジですよね。

こういった場合は、逆張りをしても大丈夫です。

 

僕なら15分足ベースでみた時にトリプルトップで直近で高値を切り下げて下降三角持ち合いを作っているため、ハイエントリーよりはローエントリーの方が期待値が高そうだなと見ます。

 

ただ大枠でみたらレンジなので、逆張りをしてもいいかなといったイメージです。

基本的には30秒だろうが15分だろうが、MTF分析で上位足の確認をしてからエントリーをしていくのが基本です。

 

30秒だからといって短期足だけを見るのではなくて、上位足の向きを確認することで勝率を上げることが出来ます。

 

また時間帯を意識することも大切です。

逆張りエントリーはレンジ相場を狙うのが基本ですので、トレンドが出来やすい時間は避けるのがおすすめです。

トレンドが出来やすい時間は3大市場が活発になる時間帯です。

 

8~10時、16~19時、22~24時

 

このあたりの時間帯はトレンドが起こりやすい時間帯のため、あまり逆張りは狙わない方がいいですね。

狙うとしてもトレンド時の押し目買い、戻り売り狙いのエントリーをしていくのがいいでしょう。

 

逆に13~16時、2~5時などの時間帯はレンジになりやすい傾向があるため時間帯も意識してあげるといいですね。

ただ、100%ではないため上位足の確認をして環境認識をしたうえで取引をするようにしてください。

 

バイナリーオプション30秒ターボ取引で勝てない方へ伝えたいこと

 

この記事を読んでいる方でバイナリーオプション30秒取引をしているけども勝てないという方もいるでしょう。

そんな方に向けてアドバイスがあります。

 

それは30秒取引ではなくて、5~15分取引をすることです。

30秒取引はどうしても運要素が強く、初心者の方が勝率を安定させるのは難しいです。

なぜならば、素早い環境認識と瞬発力が必要なためです。

 

これはかなり上級者向けの技術となってしまいます。

そのためもう少しゆっくり待てる5分取引や15分取引から学んでいく方がおすすめです。

もしも30秒取引で勝率が伸び悩んでいるという方がいれば、ぜひ5~15分取引に移行するのを意識してみてください。

 

まとめ

 

  • バイナリーオプション30秒取引のメリットは高い勝率とエントリーポイントが多いこと

 

  • 30秒取引を攻略するには30秒足、ハイローのチャート、移動平均線、ボリンジャーバンドを活用するとよい

 

  • 30秒取引を成功させるコツはレンジ相場であることを確認することと、時間帯を意識すること

 

  • 30秒取引は素早い環境認識と瞬発力が必要なため初心者向けではない、5~15分取引の方がおすすめ

 

ハイロー30秒取引は攻略できれば資金を素早く増やせますが、少々難易度が高いのがデメリットです。

 

もし今30秒取引メインでやっていて、勝率が安定しないという方は判定時間を長めの5分10分などにしてみてはいかかでしょうか。

 

30秒ほど瞬発力が必要なわけではないですし、余裕をもってエントリーできるでしょう。

 

ぜひ試してみてください。

インジケータプレゼント
提供は Investing.com

Twitterでフォローしよう!!

おすすめの関連記事