今回は「バイナリーオプションでのナンピンは効果的なのか?」というテーマでお話していこうと思います。

基本的に僕自身ナンピンはしないですが、メリットデメリットがあると思っています。

  • ナンピンの意味は?
  • ナンピンをするのは危険?
  • ナンピンのメリットデメリットが知りたい!

などなど詳しく解説していますので最後までご覧くださいませ。

 

ナンピンの意味とは?

引用:https://trade.highlow.com/

 

ナンピンとは、損失が出ている状態でさらにポジションを持つことを言います。

例えばバイナリーオプションの場合、エントリーして反対方向に相場が動いてしまったためもっと深いポイントで、さらにポジションを持つことを言いますね。

買われすぎだからそろそろ下がるだろうと思い、ローエントリーをしたが買いが強く上昇してしまった。これだけ買いが強ければ反発するはずだと思い、もう一度ローポジションを入れるというイメージです。

もともと株式やFXなどで含み損が出ているときに買い売り増しをし、平均取得単価を調節する意味を持ちますがバイナリーでも一緒です。

特にバイナリーの逆張り手法の場合は、深いところで取れればとれるほど有利です。

そのためナンピンは、バイナリーオプションでもよくつかわれております。

 

確かにナンピンをした後に損失が減っていき資金がプラスになるというメリットもありますが、資金を大幅にマイナスにしてしまうデメリットも考えなければいけません。

そのためもう少し詳しくお話していきますね。

 

バイナリーオプションでナンピン手法は危険?大丈夫?

バイナリーオプションのナンピン手法は危険か?

という疑問に答えますが僕は、計画的なナンピンならアリだと思っております。

 

しかし無計画なナンピンはよくありません。

ここでいう無計画なナンピンとは、損失を取り返そうとしてナンピンをしたり、資金管理を考えずにナンピンをしたりしまうケースを指します。

 

なぜ、無計画なナンピンがダメなのか?

基本的にバイナリーオプションのエントリーポイントは期待値が高いところでエントリーしなければ、資金はプラスにはならないからです。

エントリー方向と逆に進んだからという理由では、何の根拠になっていませんよね?

 

こういった無計画なナンピンをしてしまうと期待値が下がってしまい、大事な資金を減らしてしまう恐れがあります。

そのため、無計画なナンピンはやめましょう。

もちろんナンピンをすることで期待値アップするロジックも存在しますし、資金管理がしっかりできている方でしたらナンピンをしてもOKだと思います。

しかし無計画なナンピンは資金を減らしてしまう可能性があるためやめた方がいいです。

特に初心者の方は資金管理やメンタル管理が大変なため、ナンピンには手を出さない方がよいですね。

 

バイナリーオプションでナンピン手法のメリット

 

バイナリーオプションのナンピン手法のメリットはいくつかあります。

  • 1ポジション目の負けを取りかえすことができる可能性がある
  • エントリーポイントを複数箇所に分けることができる
  • 場合によっては期待値が上がる

詳しく解説していきますね。

 

1ポジション目の負けを取りかえすことができる可能性がある

 

ナンピンのメリットとして挙げられるのはこれでしょう。

1ポジション目の負けを取り返すことができること。

1ポジション目エントリー後、逆に動いてしまった時、もう一度1ポジション目より深いところでエントリーすることによって2ポジション目は勝ち、1ポジション目の負けを2ポジション目で取り返すことができる可能性があります。

 

1回1万円エントリーでペイアウト率1.88倍だったとして

1エントリーで負けてしまった場合-10000円

ナンピンし2エントリーで1勝1敗だった場合-1200円

と大きな差が出ます。

 

バイナリーオプションだと負けてしまった場合、エントリー金額がすべてなくなってしまうため、ナンピンをすることで負けを減らせる可能性があるのです。

もちろん2つとも負けてしまった場合は、-20000円と大きな損失になってしまうのでリスクもありますが、1つのメリットといえるでしょう。

 

エントリーポイントを複数箇所に分けることができる

 

もう1つのメリットは、エントリーポイントを複数箇所に分けることができる点です。

引用:https://jp.tradingview.com/

 

例えば上の画像で逆張りエントリーを狙っていくとします。

上の青色のラインで1本目を入れて、オレンジのラインまで到達したらナンピンで2本目を入れよう。

といった感じエントリーポイントを複数回に分けることができます。

基本的には深いラインまで待った方が期待値は上がる場合が多いですが、エントリーポイントが少なくなってしまいます。

そのためナンピンを活用して複数回にエントリーを分けることでエントリーポイントを増やすことができます。

エントリーポイントを増やしても期待値の低いところでエントリーしてしまっていたら、資金が減ってしまうので1本目のエントリーポイントも妥協しないでくださいね。

 

場合によっては期待値が上がる

 

ナンピンをすることで期待値が上がる場合はもちろんあります。

世間的には「ナンピンは悪だ!」なんて言われていますが、正しい根拠をもってナンピンすれば期待値が上がる可能性も大いにあります。

ナンピンがダメといわれている理由は、間違えた認識でナンピンをしてしまっている人が多いためなので、感情的にならずに根拠を持ったナンピンをする分には全く問題ありません。

 

むしろナンピンをすることで勝率が上がるロジックもたくさんあります。

きちんと相場分析をし期待値が高い場所でナンピンをすることで、利益をおおきくのばすことができるのは大きなメリットですね。

 

バイナリーオプションでナンピン手法のデメリット

 

バイナリーオプションでナンピンをするデメリットも紹介していきましょう。

  • 資金を大きく溶かしてしまう可能性がある
  • 資金・メンタル管理が大変
  • 場合によっては期待値が下がってしまう

詳しく説明していきますね。

 

資金を大きく溶かしてしまう可能性がある

 

ナンピンをする最大のデメリットは、資金を大きく溶かしてしまう可能性があるということでしょう。

バイナリーオプションでは負けたら、エントリーしたお金がすべてなくなってしまうため、損失はなかなか大きいです・・

例えば1回1万円エントリーで、

2回ナンピンして計3回すべて負けたら-3万円になってしまいます。

おそらく10分15分で3万円の損失が出てしまうことになります。

 

利益を大きく伸ばせる反面、損失が大きくなってしまうのがナンピンのデメリットです。

そのため、熱くなってポジポジナンピンを入れるのはやめましょう。

本当に反発する根拠がある場合のみエントリーすべきですね。

 

資金・メンタル管理が大変

 

ナンピンをすると負けた時に大きな損失が出てしまうため、負けが続くとメンタル管理が非常に大変です。

ナンピンして勝率80%だったとしても、勝率100%にはならないため、負けることはもちろんあります。

20%は負けるわけですから4.5連敗してしまうこともないとは言い切れません。

 

そういった負けが続いてしまった時にメンタルを正常に保ったり、熱くならずに資金管理をするのがとても大変です。

人間というのは利益に鈍感で、損失に敏感に反応してしまいます。

そのため大きな損失が出た時に冷静な判断ができるかどうかがとても難しいところですね。

 

場合によっては期待値が下がってしまう

 

もう1つのデメリットは、場合によっては期待値が下がってしまうことです。

上でも言いましたが、負けを取り返そうとして何の根拠もなくナンピンをしてしまうと期待値が下がってしまいます。

何の根拠もないのにエントリーをするのは、投資でもなんでもなくギャンブルと一緒です。

 

負けを取り返そうとして焦ってナンピンをするくらいなら、諦めて次のエントリーポイントを探した方がいいです。

 

バイナリーオプションでナンピンを活用する方法とは?

 

バイナリーオプションでナンピンを活用する方法は、エントリーポイントを複数回に分けるという考え方が一番おすすめです。

引用:https://jp.tradingview.com/

 

先ほども説明しましたが、レジスタンスライン・サポートラインを引き、手前のラインにタッチでエントリー同じ足で深いラインまで到達したらナンピンなどといった感じで、エントリーポイントを分ける考え方でナンピンを行うのはよいと思います。

 

しかし大きな損失を出してしまう可能性もあるため、メンタル管理や資金管理に自信のない方はナンピンはしない方がいいです。

なるべく期待値の高い深いラインで待ったり、プライスアクションなどをよく観察し、根拠が強い場所でのエントリーを心がけましょう。

 

エントリーポイントのナンピンした時の勝率も把握しておいた方がいいですね。

バイナリーオプションでは高い勝率さえ出すことができれば、資金は増え続けますので、今お使いのエントリーロジックをナンピン・マーチンしたときの勝率がどのくらいなのか?

自分自身で検証してみて期待値が高ければナンピンしてもよいでしょうし、ナンピンすると勝率が下がってしまうケースも多数ありますので、検証・分析をしてみてください。

 

基本的に無理なナンピンはおすすめいたしません。

トレードの基本は「待ち」です。

1度目でダメだったら相場をもう一度分析して、次のエントリーポイントまで待つのがおすすめです。

常に落ち着いて相場を見れて、期待値が高いところでのみエントリーできる方に限り、エントリーポイントを分けるイメージでマーチンをしてください。

 

まとめ

 

  • バイナリーオプションでのナンピンとは損失が出ている状態でさらにポジションを持つこと
  • 計画的なナンピンならよいが、無計画のナンピンは危険
  • バイナリーオプションのナンピン手法のメリットは、1ポジション目の負けを取りかえすことができる可能性がある点、エントリーポイントを複数箇所に分けることができる点、場合によっては期待値が上がる点
  • バイナリーオプションのナンピン手法のデメリットは、資金を大きく溶かしてしまう可能性がある点、資金・メンタル管理が大変な点、場合によっては期待値が下がってしまう点

 

いかがでしたでしょうか?

バイナリーオプションでのナンピン手法は完全な悪ではありませんが、無計画なナンピンは資金を大きく減らしてしまう可能性が高いため、おすすめしません。

1回の負けの損失額が大きく、メンタルを正常に保つことが難しいため、ナンピンを多用する多くのトレーダーが資金を溶かしてし待っている現実があります。

 

私自身ナンピンはほとんどしませんが、1つ1つのエントリーを妥協せずに期待値の高いところでエントリーをしていくという方法をとっています。

ナンピンせずに勝率を上げていく方がメンタル管理もしやすいですし、着実に資金が増えていくためおすすめです。

 

もしナンピンを取り入れたい場合は必ずバックテストをとってからにしましょう。

ナンピン込みでのバックテストを取り、期待値がプラスになり資金もショートしないエントリー金額にすれば取り入れてもよいと思います。

ただ負けが続いたりしたときのメンタル管理だけはくれぐれもお気を付けください。

 

インジケータプレゼント
提供は Investing.com

Twitterでフォローしよう!!

おすすめの関連記事