キャンドル マツ
トレード歴は4年目の平成生まれトレーダー兼プログラマー。 インジケーター開発・EA開発を独自で行いながらトレードをこなす。 一度インジケーターに頼ったトレードによって資金をほとんど溶かしインジケーターの存在意義を追求することに。 その後独学でプログラミングを習得し、ほとんどのインジケーターは裁量補助でしかないと気づきロウソク足だけを見たプライスアクショントレードを確立する。 現在はオールラウンダーとして「裁量トレードコンサル」「システム開発」「プログラミングコンサル」の全てを展開している。
キャンドル マツの記事一覧
オシレーター系テクニカル分析「ストキャスティックとRCI」とは「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」を判断する逆張り?
相場の勢いを知ることができるとても便利なオシレーター系テクニカル分析「モメンタム」とは?
13.テクニカル分析の種類「フィボナッチ数列」とは、黄金比とかにも関係しているから重要?
12.テクニカル分析の種類「グランビルの法則」とは、FX取引きする上で知らないと損する?
11.テクニカル分析の種類「酒田五法」とは、ロウソク足の体系的な相場予測法?
10.テクニカル分析の種類「ロウソク足」とは、4本値の値動きでチャートを読む?
9.テクニカル分析の種類「チャートパターン」とは、未来予想に役立てるツール?
8.テクニカル分析の種類「MACD」とは、トレンドの方向を測るのに優れている?
7.テクニカル分析の種類「ポリンジャーバンド」とは、売買のタイミングを見極める便利な指標?
6.テクニカル分析の種類「移動平均線」とは、テクニカル指標のなかで最もポピュラーで幅広く用いられている?
5.テクニカル分析の種類「トレンドライン」とはトレンドを把握する分析方法?
4.テクニカル分析の種類「一目均衡表波動論」とは、相場の方向性を示す役割?
3.テクニカル分析の種類で最も相場分析で信者のいる「エリオット波動理論」とは?
2.テクニカル分析の種類「ダウ理論」とは値動きのクセを知る?
1.トレードでお金を減らさないために必要な相場を読む力「テクニカル分析」とは何か?