バイナリーやFXで稼げる手法探しをしている「手法コレクター」のお先は真っ暗

 

「手法コレクター」という言葉があります。

これは「ノウハウコレクタ」と同じコレクターです。

コレクターと言いましたが、
実は大半の勝てないトレーダーがこれをやっています。

手法だけを知るということは、
しょせん小技の寄せ集めにしか過ぎません。

物事の本質を掴まずして、
安定した勝ち続けるトレーダーにはなれません。

しかし、これを言うと、こんな反論を受けます。

「手法を知らないと、どこから考えれば良いのかわからない」
「本質を教えてくれ!」と。

ダウ理論、グランビルの法則、基礎理論、波形、ロウソク足、資金管理やメンタル...。

手法の前に学ばないといけない事は山程あります。

「楽して稼ぎたい」、「早く勝ちたい」
という気持ちが先に走ってはいけません。

しっかりとした土台なしに手法だけを知ったところで、所詮は ”砂漠の桜閣”。

その手法が通用しない場面が続くと慌てふためき、何が悪いのかわからないものだから、結局、イマの手法が悪いと決めつけて新しい手法を探し始めます。

この【繰り返し】です。

どう考えたってそれで継続的に稼ぎ続ける真のトレーダーになるのは無理。

どんな世界であっても、小手先の知識でだけでやっていけるほど、甘くないのは誰もが分かっているはずなのに、投資の世界では何故か、
「手法」だけがもてはやされる。

そして、教えて貰えればなんとかなると思っている。

しかし大事なのは、
『自分で考えることのできる力』

厳しいことを言いますが、
これが残念ながら 現実 なんです。

トレードとは、お金を稼ぐこと、そして稼ぎ続けなければならない。

ビジネスもそれは同様です。

投資の世界でもビジネスの世界でも同じことです。

自分で考えることを放棄して成功する世界ではありません。

自分引退して甘いものが成功する世界でもありません。

11月2日

全く同じ手法だったとしても、
相場が読めなければお金を稼ぐことはできないです。

ダウ理論、グランビルの法則、基礎理論、波形、ロウソク足、資金管理やメンタル...。

手法の前に学ばなくてはいけない本質は沢山あります。

11月6日

 

インジケータプレゼント
提供は Investing.com

Twitterでフォローしよう!!

おすすめの関連記事