FXトレード、バイナリーオプションと世間を賑わせています。が、結局どっちがいいの?

と思っている人も少なくはないと思います。

僕自身もよく読者様に聞かれます。それに僕自身どちらもやっているからこそ客観的に書けるというのもあります。

今回はそのお話をしていきます。

FXの特徴って?

FXとは「foreign Exchange」の略で外国通貨を売買することにより為替差益(利益)を目指す「外国為替証拠金取引」の事を指します。

FXの例を挙げると、日本円からドルへ両替して、その後両替したドルを日本円へ戻すといった具合に各国の通貨を両替していく取引。

例えば、1ドル=120円のときにドルに、12万円をドルにすると1000ドルで、1000ドルを1ドル=130円のときに円に交換すると13万円になる。

円で見ていくと、12万円が13万円になったので、1万円の利益。

つまり、為替レートの差額が大きければ大きいほど儲けになる。

そして、レバレッジを利用し少ない証拠金を元手に何倍もの資金を運用できる。というのが特徴です。

⬇僕が使ってる海外業者こちら!⬇
GEMFOREX

バイナリーの特徴って?

チャートの動きを予想して、現在の相場からチャートが上昇するか下降するかを予想して、highかlowの2択に賭ける。

勝率はhighかlowを当てるだけの2択なので勝率は50%。(この広告謳い文句で気軽に始めて資金をなくす人が多い笑)

判定時間は業者によって違います。

日本の業者だと2時間判定からに。

海外業者だと60秒や3分、5分など様々な短期の判定時間がある。

⬇僕が使ってる海外業者こちら!⬇
ハイローオーストラリア

あなたの取引スタイルで変わる

バイナリーオプションで1分判定、3分判定、5分判定の場合

判定時間が短い分、相場を細かく分析する必要があります。

つまり、値動きや全体の相場の向きをかなり意識して判断する必要があるので、難易度は上がるかなと。

FXで高速スキャルピングの場合

バイナリーオプションの1分判定、3分判定、5分判定と同じようにするが、手数料の問題がある。

手数料の高い業者だとエントリーするごとに負担が大きくなります。

そして、FXであれば利幅を伸ばすのがメインになり勝率は意識されにくいが、スキャルであれば勝率が高くないといけなくなる。

バイナリーオプションで15分判定以上の場合

判定時間を延ばすということは上位足の相場も相当意識する必要があります。

上位足の相場をとらえて、下位足で上位足の値動きとラインを加味して考えていくことになる。

FXでデイトレの場合

日足⇒4時間足⇒1時間足⇒(30分足)⇒15分足⇒5分足の順に上位足から下位足を見ていく。

利幅を取っていくのであれば、できるだけ上位足の相場の向きを全てそろえてから下位足で実際に細かく見ていきながら賭けていく。

スキャルで行くのであれば、ダウの確認やライン反発ポイントなどを確認し、どこで利確、損切りするのかなどのシナリオを構築して賭けていく。

あなたの軍資金で変わる

FXトレードの場合

必要証拠金が必要になる。

必要証拠金がないと、FX業者としてはトレーダーが大きい損失を抱えたときに、トレーダーが払えない場合が出てくるからです。

その必要証拠金は最低30万円ほどに。

バイナリーオプションと比較すると、ある程度の資金が必要になってくる。

ある程度の資金で大きく利益を出したい場合はレバレッジを上げると、勝った時に利益が大きくなります。

しかし、その分負けたときは損失額が大きくなるので注意が必要

バイナリーオプショントレードの場合

FXと違い、必要証拠金が必要ではない。

FXのように利幅を伸ばすのではなく、倍率が1,7倍~2倍でハイローの2択を当てるもの。

1回の賭け金は最低1000円であり、負けてもその1000円が溶けるだけなので、賭け金以上のマイナスはない。

業者によっては1回の最低金額が100円のところもある。

1000円で賭けて倍率が1.8倍で当てればペイアウトは1800円になり、利益は800円となる。

勝率を上げれば上げるほど利益率は大きくなります。

勝率が高ければローリスクハイリターンが可能となる。

どちらにせよテクニカル分析は必要

FXでは一般的にも相場を読んで、インジケータと相場サイクルを利用して賭けていくというのは知られているので、そこそこ技術がいるというのは周知の事実。

しかし、バイナリーオプションの場合は、ネットなどの広告や口座開設アフィリエイトにより、ハイローの2択を当てるだけの簡単なゲームであるといううたい文句から簡単なイメージが浸透しているので、技術要素があまりいらないと思われている。

けれども、実際にやるとそう単純ではない。

そんな単純では億万長者がどれだけ溢れることやら。

判定時間の関係上、FXより正確にエントリーしなければならないので、FXより技術がいる。

よって、バイナリーオプションはFXより技術がいるので、バイナリーオプションでもテクニカル分析は必要になってくるわけです。

但し、テクニカル分析を極めて相場を読むことさえ出来れば、最強のお金稼ぎです。

最終的に、FXとバイナリーオプションどちらが良いか?

FXとバイナリーオプションのメリット、デメリットを考慮して各々が選択すると良い。

FXのメリットは?

  • レバレッジを効かせると、その分儲けやすい。
  • トレンドにうまく乗れると、利幅が増えやすい。

デメリットは?

  • 自分の賭け金以上の負けがある。
  • チャートを見る時間が長くなる。

バイナリーオプションのメリットは?

  • 自分の賭け金以上の負けはない。(リスクコントロールしやすい)
  • 低投資から始めることができる。
  • 5000円から始めることができる。
  • 1回のエントリー最低金額1000円から。
  • 業者によっては100円のところもあり。
  • 海外業者だと判定時間が短い。(取引が短時間で済むので、リスクが少ない)
  • 利益率がかなり高い。(勝率が高い人のみ)

デメリットは?

  • 賭ける時間が短いのでシビアにエントリーしないといけない。
  • FXより技術がいる。

バイナリーオプションは、技術がいるというところが最大のデメリットになってしまっている。

しかし、技術さえ身に付けてしまえば、メリットが多く数々の恩恵を受けることができ、投資の分野で唯一、ローリスクハイリターンという夢のような投資ができるようになる。

インジケータプレゼント
提供は Investing.com

Twitterでフォローしよう!!

おすすめの関連記事