レジスタンスラインやサポートラインは、水平線などを引いて、「ラインに到達した時に逆張りエントリーをする」という事が一般的ですよね。

ですがライン丁度で反発せずに、「届いていたらエントリーして勝っていたのに...」と思ったり、「逆張りが失敗して思いもよらない結果になってしまった...」というようなことは、トレードをしたことがある方は誰もが経験してるでしょう。

水平線などでラインを引いた場合、そこに到達した時にエントリーをするというぐらいしか、エントリーポイントをみるポイントの判断は難しいです。

そこで「ゾーン」という概念を覚えておくととても便利で、勝率アップにもすぐつながるようなテクニックになりますので、今回は「ゾーントレード」について詳しく紹介させていただきたいと思います。

ゾーントレードとは?

ゾーントレードとは、ライントレードの発展形ともいえる手法です。

エントリーポイントを「点」ではなく「面」でみるといった考え方がゾーントレードになります。

画像をみていただくと二つの水平線が引かれており、その間を薄黄色に塗っていますが、薄黄色になっている箇所がここで使用した「ゾーン」です。

水平線を1本引くのではなく、2本使用することでエントリーするタイミングを長く持たせて、ラインで見るときよりも多くのエントリーポイントを探ることができ、余裕を持ったエントリーを行うことが出来ます。

ただしゾーンに入ったからすぐエントリーを行うという訳ではなく、ゾーンに入って他のオシレーターやサインインジケーターを参考にしてエントリーを行うというものです。

そもそもラインで必ず反発するという訳はありませんので、多少の幅をこのように持たせるという事は当たり前といえば当たり前だとも思います。

ゾーンの引き方などは後で解説させていただきますが、とても簡単ですのでご安心ください。

ゾーントレードが有効的な理由とは?

ゾーントレードには様々なメリットや使うべき理由がいくつかありますので紹介します。

余裕のあるエントリーが出来るようになる。

サポートラインやレジスタンスラインぴったり反発するということは少ないため、水平ライン一本ではなくゾーンを使用します。

ゾーントレードができることにより、ぴったりラインに来た時にエントリーするということではなく、ゾーン内でエントリーをするということになりますので、ゾーンにチャートが入ってから他のオシレーターをみつつエントリーしたりなど余裕が出来ます。

メンタル面での余裕が出来る。

水平ラインにチャートがタッチした時にエントリーとする場合に比べて、エントリーゾーン内でエントリーするという考え方ですのでタッチした瞬間という意識を変えることが出来ます。

ラインタッチしたタイミングでは緊張してしまうなんて言う方には、点で考えるライントレードよりも面で考えるゾーントレードのほうがいいかもしれません。

焦ってしまうということは、エントリーポイントの基準を甘くしてしまったり、エントリーポイントを見逃してしまう原因にもなりかねませんので非常に重要なポイントです。

エントリーポイント多く探すことが出来る。

ライントレードに比べてゾーントレードの場合、エントリーポイントの幅が広いため、エントリーポイントを多く探すことができます。

今までは届かなかったエントリーポイントも視野に入り、他の指標を確認しつつエントリーポイントすることで、更なる勝率アップや取引回数のアップにつながります。

 

などなど、全体としては「余裕が出来る」という事が非常に大きいメリットと言えます。

他の記事でもメンタルの管理はかなり重要とお伝えしていますが、

どのようにしてメンタルを安定させるのかという方法も様々ありますので、ストレスが少なく落ち着いてトレード出来る環境は常に心掛けていきましょう。

ゾーントレード手法はどう活用する?

では実際にゾーントレードを使用する方法を紹介します。あまり難しいことはしておりませんのでご安心ください。

ゾーンを引く際にみるべき時間足は中長期の時間足です。僕自身が見ることが多いのは15分足や30分足です。

短い時間足でみてもいいのですが、ある程度長い時間足のほうが信憑性も高いです。

通常であれば黄色○の箇所など、画像のように相場の転換点などのヒゲ先である最高値、最安値を意識したりして、このような水平ラインを引くという方も居ると思います。

ですが、その後みていくとラインまで到達せずに何度か反発した後、最終的に下降トレンドとなりラインを下に抜けていってしまっています。

毎回このようになるという事ではないのですが、少なからずこのようにラインで引いてしまうと、惜しくもエントリーが出来ないポイントや思いもよらぬブレイクが待っていたりします。

そこで「ゾーン」という概念が役に立ちます。

例えば、このような状況であれば矢印の箇所でエントリーをすることが可能になりますね!

このゾーンの引き方は、人によっても少し異なるのですが、僕自身は「相場の転換点における箇所のヒゲの長さが長い箇所」をみています。

ヒゲの長さが長いという事は、それだけ同じ時間足での反発が起きたというように考えることが出来るということからそのようにしているというものです。

ヒゲの長さがほとんどなかったり、短いものに関しては反発している力も弱いと考えて、ゾーンを引かずにルックします。

今回のゾーンを作った個所をみていただくとわかるように、「ヒゲの実体の先からヒゲ先まで」をゾーンとしています。

そうすることでヒゲ先だけでラインを引くよりも多くのエントリーポイントを探すことが出来ます。

また、ゾーンに入ったからといってエントリーするのではなく、他のオシレーターや使用しているインジケーターを活用しながらエントリーしていくことにより、さらに勝率を高めることが可能です。

注意点
画像の一番右側では、惜しくも下にブレイクしてしまっていますが、ゾーンに入ったタイミングで他の指標を確認した時に危険だなと考えた場合には、ルックしましょう。

ゾーンを使用することで、今までルックしていたエントリータイミングを逃さずに、騙しに遭ってしまったであろう箇所では、回避する可能性を高めることが出来ます。

水平ラインだけでは、ラインタッチした時にエントリーとなってしまいますので確認の時間もなかったと思いますが、ゾーンを使用することにより、余裕を持ったエントリーが可能となります。

個人的な感想としては、ゾーントレードはとても使いやすく、トレードにすぐに取り入れやすい手法です。

相場の転換点でヒゲの長さが目立つ箇所を見つけた時だけ実践してみるのもありだと思います。

ヒゲ先だけを気にしていた方やローソク足の実体だけをみていたという方は、少しだけ手を加えるだけでできますので、試してみましょう。

ゾーントレードに関するまとめ

ラインだけを使用したトレードが悪いという事はありませんが、今までの手法で騙しに多く遭ってしまったり、いつも気持ちに余裕がないという方はぜひゾーントレードを試していただくことをおすすめします。

これまでにライントレードを行っていたという方は、少しだけやり方を変えるだけでゾーントレードを使用することが出来ますので自分のトレードスタイルを増やすためにも取り入れてみましょう。

メンタル面での安定も高めることが出来るテクニックでしたので、いつも焦ってしまってエントリータイミングを間違えてしまうというような方にも使っていただきたいと思います。

ライントレードはラインに届くか否かという場面でとても緊張してしまうと思いますが、ゾーンという認識であれば少しはその緊張も和らぎます。

また、全体的な話ではありますがバイナリーオプションでは少しの%でも勝率をアップさせることが重要になってきます。

長期的にみた時に1%や2%の差が効いてくることもあります。

5%や10%高めることが出来ればかなりの違いが結果に表れます。

ゾーントレードに限らず、少しでも勝率がアップするのであればどんどん実践していくことをおすすめします。

そして、トレード部屋の裁量スクールでは、記事で解説していることを更に深堀りして解説しています^^

毎週一度のウェビナーでは、相場解説をしながらトレーディングスキルを高めることを目的としてやっています。

インジケータプレゼント
提供は Investing.com

Twitterでフォローしよう!!

おすすめの関連記事