エントリータイミングにはどのようなチャートパターンを起用していますか?

「レンジやトレンドをブレイクした時」など基本的なポイントを押さえている人も、「ロールリバーサル」という重要ポイントがを知っておく必要があります。

これは「レジサポ転換ライン」とも呼ばれており、比較的覚えやすいエントリーポイントです。

多くのチャートパターンを知っているということは、なぜここでこのようにチャートが動いたのか?など値動きの心理分析に色々な目線を持てるということにもなります。

このパターンは有名なパターンの一つであり、多くの人が意識しているポイントでもあります。

まだ覚えていないという方はぜひここで押さえておきましょう!

ロールリバーサルとは?その意味

わかりやすいように実際にあった相場の形で見ていきたいと思います。

上画像ではまずレンジ相場が出来ています。

黄色い○が3つありますが、この3ポイントで反発していると思われるため、このラインでレンジラインを引いてみました。

このラインがこの場合の抵抗線(レジスタンスライン)です。

上下どちらも意識されているであろうラインがありますが、この場合は上のラインで何度も反発していることから、上のラインでは強い反発意識があるといえます。

通常このラインをブレイクした場合に、ブレイク方向へチャートが進むという考えがありますが、これに少しプラスした考え方がロールリバーサルの考え方となります。

一番右にある赤い○がレンジをブレイクしたポイントです。

今回はブレイクポイントでエントリーを考えるというものではないので、このブレイクポイントを一度スルーしてもう少し動きをみていきます。

ロールリバーサルのエントリーポイントは以下の画像のポイントになります。

こちらの画像内にある青い○ロールリバーサル(レジサポ転換)のポイントです。

一通りの動きをみてみると、一度レンジをブレイクした後に一度ブレイクしたラインまで戻ってきて、そこからまたブレイク方向に進んでいきます。

ブレイク前までは抵抗線(レジスタンスライン)となっていたラインが、一度レンジをブレイクしたら、逆にサポートラインになっているのです。

この役割転換のことをロールリバーサル(レジサポ転換)といいます。

ロールリバーサルを狙う場合、レンジブレイクしたポイントではなく、この青い○のポイントでエントリーするということです。

ロールリバーサルの時の集団心理

では、ロールリバーサルがなぜ起こるのでしょうか?

そもそもどのような集団心理からこのような動きになるのかというと、理由がちゃんとあります。

ロールリバーサルの形になったからエントリーしてみる、というように形だけで覚えるのではなく、この形の時の集団意識はどのようになっているのかまで考えることが重要です。


通常、レンジが出来ると抵抗線(レジスタンスライン)が強く意識されます。

何度も同じラインで跳ね返されていると気づけば、「跳ね返るところで売りポジションでのエントリーしよう」という考えのトレーダーが多くなります。

その他、『新規でラインブレイクしたタイミングで買いポジションをいれよう」と考えるトレーダーも居ます。

この中でラインをブレイクしたとなるとどうなるでしょうか?

ずっとブレイクを狙っていたトレーダーは、ここだと思いブレイクのタイミングで買いポジションエントリーをします。

売りポジションを持ったトレーダーは、予想に反して逆方向にチャートが進んでしまい、レンジブレイク後はブレイク方向に大きな動きがあることも分かっているため、出来るだけすぐに損切をします。

ここでブレイクラインまで価格が戻ってきたとなると、ほとんどの売りポジションを持っていたトレーダーは損失を
出来るだけ0にしたいと考えるため、損切をするのです。

この二つの集団心理から、一度戻ってくる動きをみせたチャートが新規の買い注文と重なり、またブレイク方向にまた進んでいくのです。

ブレイクしてすぐエントリーをするよりも、ロールリバーサルを意識してエントリーするほうが、しっかり集団心理を意識したエントリーといえるます。

ロールリバーサルをどうやって見つける?

単にレンジラインなどをブレイクしたからといって、そこでエントリーしていいというものではありません。

こちらの画像でみてみると、レンジラインをブレイクしたと思っても、またレンジの中に戻ってきてしまいました。

これではロールリバーサルのポイントでエントリーしてしまったら負けてしまいます。

なぜこのように動いてしまったのでしょうか?

これは短い時間足でチャートを見た時に起こりやすい現象です。

短い時間足でみてしまうと、それよりも長い時間足で見ているトレーダーの意識が反映されにくいです。

1分足などで一瞬レンジブレイクしたと思っても、しっかりブレイクしていないとまたレンジの中に戻ってきてしまうことも多いのです。

初心者の方はロールリバーサルの形を多く見つけようとして短い時間足でチャートを見てしまう傾向がありますが、

この手法を使うときは長い時間足で見たほうがだましも少ないので、1時間足や4時間足、日足などでみることもポイントです。

ロールリバーサルの活用の仕方とは?

実はこのロールリバーサルはレンジだけではなく、トレンドラインでも活用することができます。

こちらの画像のようにトレンドラインでもロールリバーサルは起こっています。

トレンドラインで反発していた抵抗線が基準となり、サポートラインに役割転換しています。

レンジだけではなく、トレンドラインでも活用できるので、長めの時間足でも割と多くのエントリーポイントを見つけられると思います。

トレンドが出来ている時も、レンジが出来ている時も集団意識されやすいポイントはあります。

常に反発しているラインはどこなのかを把握しておくことはトレードに大きく影響してきます。

ロールリバーサルのインジケーターは使えるのか?

自動的にレジサポラインを引いてくれるインジケーターというものもネット上に無料で出回っています。

「PIVOT」というものがレジサポラインを探すために開発されたもので、ある一定の期間の高値、安値、終値から、サポートラインとレジスタンスラインを計算します。

中でも「AutoPvivotindicator」などがシンプルで使いやすいかと思います。

ダウンロードリンク

ただ残念ながら、レンジ相場が長く続いている時でなければ、あまり実用的ではないかと思ったのが、使ってみた感想です。

小さいレンジを意識したり、トレンドが出ているときにはインジケーターに頼るのも難しいのではないかと思います。

実際に使ってみてもよいと思いますが、参考程度に使用したほうが、より多くのエントリーポイントを探せるのではないかと思います。

まとめ

チャートを分析するときも多くの知識が必要となります。

1%でも多く勝率を上げるためには、多くのトレーダーがどのような心理でトレードを行っているのか考える必要があります。

今チャートの形がこうなっているから、きっと集団意識はこうだろう。など、多くのトレーダーの心理を分析することは常に重要です。

たまたま勝てているトレーダーと、勝ち続けるトレーダーの違いには、そういった全体をみる力も大きく関わっています。

例えば、確率の高い一つのロジックに当てはめて考えるだけでは、これまでのチャートの流れからくるトレーダーの心理を理解することはできません。

勝ち続けるには、それにプラスした分析も重要です。

今回のレンジブレイクからのロールリバーサルも多くのトレーダーが意識するポイントとなりますので、しっかりと頭に入れて今後に活かしましょう!

インジケータプレゼント
提供は Investing.com

Twitterでフォローしよう!!

おすすめの関連記事